子供が率先して掛け出すのみならず、大人が小さな我が子の手を引いて我先に駆け寄る光景も珍しくない、ガチャガチャマシンがズラリと並ぶ風景には、説明不要の不思議な魅力と空気感が漂っています。実際に自らコインを投入するつもりが無く、通りすがりに偶然が視界に入っただけでも、何となくワクワク感を覚えて足を止めてしまう、そんな不思議な集客力を有しています。ならば自身あるいは自組織が管理する空きスペースをガチャガチャコーナーに転用すれば、飲料水の自動販売機より遥かに確実な収益が期待出来ると捉えて当然でしょう。事実さまざまなジャンルの商店の入口や一角には、果たしてどれだけの種類のカプセルと景品が存在するのかと、思わず考え込んでしまいそうな程、バリエーションに富んだマシンの姿が確認出来ます。

こうした経緯から具体的にガチャガチャマシンの導入をご検討中であれば、まずはさまざまな視点からのリサーチ作業の徹底を強くお薦めします。たとえばマシンの調達に際しても、販売価格ばかりに視線を持って行かれてはなりません。購入した場合のマシンのアフターフォロー、中身の補充の問題など、その後を視野に入れずにお買い得感だけでの衝動調達に及んではなりません。「購入」に対して「レンタル」なるもう1つの選択肢の存在を冷静に見極めるなど、幾通りものプランを先ずは明確に構築する作業からスタートしてください。